今週の八重の桜

yae20130203

とうふです。
今週の「第5回 「松陰の遺言」|NHK大河ドラマ「八重の桜」」は、松陰の処刑、桜田門外の変と大きく時代が動いた時期の話なんですが、なんだかゆ~っくり時間が進んでいるように感じてしまうのは、なぜなんだろう???
会津弁のせい???

蘭学を教えているだけで、「攘夷」と言って切りかかる攘夷派って、今で言うと、韓国や中国のことを良く言っただけでその人をネットで激しく叩く人たちみたいなものかな。

Facebookページのアルバム「「八重の桜」落書きノート」にも絵を追加しました。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です