現代語訳 般若心経

現代語訳 般若心経 (ちくま新書 (615))
玄侑 宗久
筑摩書房
売り上げランキング: 2,482

口語体で話しかけるように書かれた、とっても読みやすい般若心経の現代語訳です。
「分かりやすい」ではなく「読みやすい」と書きましたが、ココは重要な点です(笑
結局のところ、頭の中をぐるぐるぐるぐる堂々巡り、、、
わかったようなわからないような、やっぱりわからない、、、

ただ、角が生えた女性のお面の「般若」と、般若心経の「般若」は、まったく異なるものだということはよーくわかります。

また、アインシュタインの物理学とか、量子力学にも通じるところがあるというのは中々面白い。

それにしても、「全てが”空”である」というのが仏教の教えの根本であるにもかかわらず、多くの寺院は信者から金を巻き上げて次々と金ぴかの建物を建てているというのは、まったく理解に苦しみます。

あっ、そんなことを文章に書いたりするから「苦しむ」ことになるんでしたっけね。(^^;

しかし、読めば読むほど、そんな、悟りを開いた人生って、果たして「楽しい」のだろうかと疑問に思えてきました。

そういえば「アノクタラサンミャクサンボダイ」と唱えて変身していたレインボーマンは悟りを開いていたのだろうか・・・

~ もくじ ~

はじめに
一、「般若心経」(大本)の訳
二、「般若心経」(小本)の訳
三、「般若心経」(小本)の書き下し
般若心経全文
般若心経のよみ方
絵心経
解題
あとがき
図版クレジット一覧

~ なるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

宇宙の総エネルギーは常に一定だと、アインシュタインは云いましたが、その観点からすれば、私という五蘊の変化は、宇宙全体にも何らかの影響を与えているはずです。
むろん逆もまた真です。(P55)

~ もう一つなるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

タメになった、などと思っているうちはまだまだ「般若波羅蜜多」には程遠いということです。(P156)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(2052日)、、、
読んだ本   4176冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 95622ページ (1日平均46ページ)

book20130221
読書メーター – atasinti

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です