八重の桜「会津を救え」

yae20130609

とうふです。
今週の「第23回 「会津を救え」|NHK大河ドラマ「八重の桜」」も面白かったです。
なんとか戦争を回避しようと立ちあがり、会津救済の嘆願書を出した奥羽越後各藩でしたが、新政府軍参謀の世良修蔵はこれを破棄してしまう。
これに怒った仙台藩士らが世良を暗殺したことで、もはや戦争は免れないことに。
ということで、世良修蔵がとーっても卑劣な男として描かれ、会津をはじめとする奥羽越後連盟軍側が正義のドラマなのです。
来週は二本松の悲劇。
悲しい出来事ではありますが、さらに今後の展開がどう描かれるのか楽しみでもあります。

Facebookページのアルバム「「八重の桜」落書きノート」にも絵を追加しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です