東北復興へ!

今回の大震災で大きな被害のあった東北地方ですが、
復興で世界に誇れる街、世界が羨む街にしたいですね。
カネにモノを言わせたドバイのような都市作りではなく、
世界でもっとも住みよい街、もっとも快適な街として、
世界中が「Tohoku」にあこがれるような、
そんな街にしたいですね。

DOWN OF THE 2ND DAY

 

東北復興へ!” への3件のコメント

  1. まったくその通りですね!

    これから、東北の街には原発がなくて、水車や風車、

    ソーラーパネルなどを中心に成り立つ、

    日本と世界のモデル都市として復興してほしいです。

    1. りおさん、コメントありがとうございます。

      水車や風車、ソーラーパネルで電力がまかなえるかどうかは私にはわかりませんが、

      住んでる「人」が快適を感じるような街になったら素敵だと思います。

      1. コメントありがとうございます☆

        そうですよね。かなり飛んだ考えと笑う人が多いと思います。

        ただ日本は世界的にも珍しいほど山と川に恵まれているので、

        水力発電が有効なそうです。

        なぜ砂防ダムを発電に使わないのかな?というエンジニアもいます。

        "水車"は日本的原風景で外国から見ても素敵なのでは?

        また、太陽光は全戸が備えれば、なんとかやっていけるかもという意見もあります。

        効率はまだ悪いですが…。

        たぶん今までの高度成長してきた考え方では、

        原子力じゃないとニーズにあわないでしょう…と受け売りですが。

        今はまだまだそんなレベルではないし、自分には本当に

        小さなことしかできないけれどときどきこんなことを願っています。

あたしンちのおとうさん へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です