零式戦闘機

零式戦闘機 (新潮文庫)
零式戦闘機 (新潮文庫)

posted with amazlet at 13.11.04
吉村 昭
新潮社
売り上げランキング: 7,371

零戦と呼ばれた優れた戦闘機の誕生から終わりまでを描いた小説。
そんな当時最高レベルの戦闘機が、工場から飛行場まで牛車で運ばれていたというのはちょっと驚き。
途中から堀越さんがほとんど登場しなくなっているのがさびしい。

この本を読んでいる間、ずっと頭の中を「0戦はやと」の主題歌が流れていたおとうさんです。
 
 
これで、、、2007年07月13日以降(2307日)、、、
読んだ本   480冊 (1日平均0.21冊)
読んだページ 111031ページ(1日平均48ページ)
\(^O^)/ 1日平均ページ数が1ページ増えた!

book20131104
atasintiさんの読書メーター

関連しないサイト
0戦はやと – Wikipedia

関係しない動画
0戦はやと – YouTube

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。