Twitterは情報収集、Facebookは安否確認

3月11日の大震災の際、ケータイの通話はできなくなり、メールも一部では大幅な遅延が生じたりしていたのですが、ケータイからのインターネットアクセスは比較的順調で、TwitterやFacebookを利用した人が多かったということです。
そんな中で、Twitterは情報収集手段として利用したという人が多く、Facebookは友人の安否確認に利用した人が多かったというのは、中々興味深い結果です。利用者がそれを意図していたか無意識にそうしたかはわかりませんが、それぞれのサービスの特徴がよくあらわれています。
ただ家族の連絡にFacebookやTwitterはちょっと使いにくい。
そんなときに家族だけのケータイアクセス可能なSNSって便利かもしれないと思う今日この頃です。

関連ニュース
情報収集のTwitterと安否確認のFacebook――IMJモバイル震災時利用調査
by ITpro at 2011.04.05
TwitterとFacebookは「非常時の連絡手段」、震災前後で利用目的に変化
by INTERNET Watch at 2011.04.05

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です