Windowsの更新プログラムの一部をアンインストール

8月13日に公開されたWindowsの更新プログラムによって、青い画面にエラーメッセージが表示される通称「ブルースクリーン(Blue Screen of Death)」が発生してPCが起動できなくなる可能性があるということなので、念のため、該当の更新プログラムをアンインストールしました。

以下の4つが対象とのことですが、私のパソコンでは、上の2つ(2982791と2970228)がありましたので、この2つをアンインストールしました。

2982791 [MS14-045] カーネル モード ドライバーのセキュリティ更新プログラムについて (2014 年 8 月 12 日)
2970228 Update to support the new currency symbol for the Russian ruble in Windows
2975719 August 2014 update rollup for Windows RT 8.1, Windows 8.1, and Windows Server 2012 R2
2975331 August 2014 update rollup for Windows RT, Windows 8, and Windows Server 2012

GIGAZINEのニュースと多少、アンインストールまでの道のりが違っていたので、ココにメモしておきます。

スタートボタンから「コントロールパネル」をクリック
win20140818-1

コントロールパネルで「プログラムのアンインストール」をクリック
win20140818-2

左サイドの「インストールされた更新プログラムを表示」をクリック。
win20140818-3

後はGIGAZINEのニュースと同じ手順。該当の番号のプログラムを選択して右クリックで表示される「アンインストール」でアンインストールを実行します。(下の絵はアンインストール後にキャプチャしたので、該当の番号ではありません。)
win20140818-4

これははやくこの問題を修復した更新プログラムを配らないと、パニックに陥る人が続出しちゃうんじゃないの?

関連ニュース
ブルースクリーンが2014年8月のWindows Updateで発生・起動不能の可能性、マイクロソフトがアンインストールを推奨 – GIGAZINE at 2014.08.18
【リリース後に確認された問題】2014 年 8 月 13 日公開の更新プログラムの適用により問題が発生する場合がある – 日本のセキュリティチーム – Site Home – TechNet Blogs at 2014.08.15
 
 
各画像をクリックすると拡大画像を表示します。一部ぼかしを入れています。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です