McAfeeの短縮URLを試してみた。

McAfeeの短縮URLサービス「McAfee Secure Short URL Service」を試してみました。

Webレピュテーションの結果は、対象サイトの上段フレームに3色で表される。短縮URLからWebサイトを開くと、安全なサイトの場合は緑色のマークをつけてそのままページを表示するが、疑わしいサイト(黄色)には警告とページへのリンクのみを表示し、危険なサイト(赤色)はページを表示せずにブロックする

ということです。
生成されたこのブログの短縮URLは、
http://mcaf.ee/5v3ml

アクセスして見ると・・・

(画像をクリックすると拡大画像を表示します)

という感じで「Green」表示がでました。
詳細レポートはこんな感じ。

(画像をクリックすると拡大画像を表示します)

個人的には、ブックマークレットが欲しいなぁ。。。

関連ニュース
マカフィーが短縮URLサービスを拡充、安全性の評価機能を強化
by ITpro at 2011.05.17
マカフィーの短縮URLサービス「mcaf.ee」、FacebookとTwitterに連携
by INTERNET Watch at 2011.05.17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です