荒木飛呂彦の漫画術

荒木飛呂彦の漫画術 (集英社新書)
荒木 飛呂彦
集英社 (2015-04-17)
売り上げランキング: 37

「ジョジョの奇妙な冒険」の作者、荒木飛呂彦が「王道漫画の描き方」を解説!
と言っても、この本を読んだら誰でもメガヒットを生むような漫画を描けるようになるわけではありません。
前提として、絵を描く才能、キャラクターを考案できる才能、世界観を構築できる才能、ストーリーを考える才能が必要。
そんな人向けのハウツー本。
そんな才能のある人でも、楽な稼業ではないことがよくわかります。
 
~ もくじ ~

はじめに
第一章 導入の描き方
第二章 押さえておきたい漫画の「基本四大構造」
第三章 キャラクターの作り方
第四章 ストーリーの作り方
第五章 絵がすべてを表現する
第六章 漫画の「世界観」とは何か
第七章 すべての要素は「テーマ」につながる
実践編その1 漫画ができるまで - アイディア、ネーム、コマ割りの方法
実践編その2 短編の描き方 - 「富豪村」(『岸辺露伴は動かない』)を例に
おわりに

~ なるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

漫画の描き手が目指すものが「どういうキャラクターを描くか」だとしたら、読者側の最大の動機はまず「その漫画家が描く世界にひたりたい」です。その次に来るのが「あのキャラクターに出会いたい」で、「あのストーリー、おもしろいな」というのはその後になるのではないでしょうか。(P196)

~ もう一つなるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

それは、女性の体をどう描くか、という「絵」の描き方にもつながっていきます。主線の太さ・細さということもありますが、「絵」にはただ線で形を成しているものではなく、無意識のうちに、作者の考えが反映されているのです。(P220)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(2879日)、、、
読んだ本   631冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 149173ページ(1日平均51ページ)

book20150530
atasintiさんの読書メーター
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。