隠れ待機児童?

横浜市の待機児童ゼロのからくりが明らかに、というか、化けの皮がはがれた。
横浜市、隠れ待機児童数、全国で2番目!
働きたいけど、保育園に入れないので働けない、そんな母親の子は待機児童にカウントされない。
しかし、そんな横浜に倣っている自治体が増えている?

「隠れ待機児童」が3万人 役所発表と異なるのはなぜ? at 2015.08.03

「隠れ待機児童」の内訳は、①保育施設に入れずに育休を延長した②自宅でインターネットなどで求職中③東京都の認証保育所など自治体が補助をする認可外施設に入った④空きのある保育施設があり、自治体が通えると判断したが、入らなかった、などのケースだ。

大阪市が最多で2709人。続いて、横浜市が2526人、川崎市が2231人、さいたま市が1720人、東京都杉並区が1673人だった。
kakuretaikijidou

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です