メカニックデザイナーの仕事論

メカニックデザイナーの仕事論 ヤッターマン、ガンダムを描いた職人 (光文社新書)
大河原 邦男
光文社 (2015-08-18)
売り上げランキング: 799

自らのことをアーティストではなく職人だと言う大河原さん。
カッコいいメカのデザインがいかにして生まれたのかがよくわかります。
おもちゃあってのアニメ、アニメあってのおもちゃの関係もよーくわかります。
  
~ もくじ ~

自選メカベスト10
まえがき
第1章 偶然始まったメカニックデザイナーの仕事
第2章 私が生み出したロボットたち - 『機動戦士ガンダム』まで
第3章 メカニックデザイナーになるまで
第4章 私が生み出したロボットたち - 『機動戦士ガンダム』以降、1980年代
第5章 私の仕事論
第6章 私が生み出したロボットたち - 1990年代以降
第7章 人との出会い
あとがき

~ なるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

当時の製品は、内部におもしろいものがいっぱい入っていましたが、最近の製品はほとんどがブラックボックス化し、分解してもさっぱりおもしろくない。この点、今の子どもは少しかわいそうだと思います。(P118)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(2964日)、、、
読んだ本   657冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 155414ページ(1日平均52ページ)

book20150823
atasintiさんの読書メーター
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。