KARA、少女時代に見る「韓国の強さ」

KARA、少女時代に見る「韓国の強さ」 (講談社プラスアルファ新書)
朴 チョン玄
講談社
売り上げランキング: 17899

韓国人の朴さんが、韓国人は素晴らしいよ、特に親子のつながりの深さは素晴らしいよ、ということを全編にわたって述べていらっしゃいます。
はいはい、そうですね、よ~くわかりました。
なお、日韓のアイドルの違いについては中々おもしろかったです。
また、「ルール」に対する日韓の考え方の違いは要注意ですね。

~ もくじ ~ 

はじめに
序 章 韓国のアイドル・少女時代とは
第1章 なぜ少女時代は成功したのか
第2章 世界にアイドルを送り出す韓国の芸能事務所
第3章 韓国アイドルから学ぶ韓国文化と力強さ
第4章 「哀愁の国」から「友情」へ
第5章 もう一つの韓流 キム・ヨナ
「韓流」から「深韓流」へ
読者への手紙

~ なるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

ひと言で「美」と表現するよりも、その背後にあるすとーりーも同時に語ろうという発想はとても素晴らしいものだと思います。しかし同時に、グローバル社会の中では、それが一般的な傾向とは言い難い面でもあります。日本人の素晴らしい発想の仕方を否定するつもりはまったくありませんが、国際社会の中で、それは「分かりにくい文化=日本人」と映っているとも考えられます。(P47)

~ もうひとつなるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

また、ルールは「絶対に守るべきもの」というよりは、どちらかというと「縛られるもの」だと思う人が多いようです。(P111)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(1435日)、、、
読んだ本   262冊 (1日平均0.18冊)
読んだページ 59626ページ(1日平均41ページ)

読書メーター – atasinti

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。