サラリーマン居酒屋放浪記

サラリーマン居酒屋放浪記 (朝日新書)
藤枝暁生
朝日新聞出版 (2016-02-12)
売り上げランキング: 29,203

これはグルメ評論家などが書いた洒落たお店の紹介ではない。
サラリーマンである著者が仕事帰りに立ち寄る立ち飲み屋の話です。
しかも単なるお店紹介本ではない。
作者がお気に入りのその店をはじめて訪れたとき、あるいは久しぶりに訪れた時のことを物語風に語っているのです。
この本はまさに・・・
飲兵衛の 飲兵衛による 飲兵衛のための本
なのです!
やばいぜ、こんな本を読んだら、さっさと仕事を切り上げて、お気に入りのあの店に向かいたくなっちまうじゃないか!
 
~ もくじ ~

はじめに
1章 酒場の醍醐味
2章 酒場と人情
3章 酒場のたしなみ
4章 酒場の肴と心意気
5章 酒場のふれあい
6章 酒場と街並み
7章 酒場の個性
おわりに

~ なるほどな一文 ~ (リンクはinbookの該当セリフのページ)

長いことサラリーマン生活をしていると、5時前に酒にありつけることは至極稀であって、それが故に、まだ明るい時間帯から本格的に飲む、ということには憧れにも似た思い入れがある。僕だけではない、きっと、皆そうだ。(P19)

~ もう一つなるほどな一文 ~ (リンクはinbookの該当セリフのページ)

居酒屋の料理は奇をてらったようなもにじゃなくて、定番ものがいいんです。普通がいい。(P210)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(3149日)、、、
読んだ本   699冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 166346ページ(1日平均52ページ)

book20160224
atasintiさんの読書メーター
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。