安倍官邸とテレビ

安倍官邸とテレビ (集英社新書)
砂川 浩慶
集英社 (2016-04-15)
売り上げランキング: 27,865

安倍政権によるメディアへの圧力が酷い。
政権に不利な放送があれば番組が偏っていると局長を呼んで指導し、あげくの果てには電波を停めるぞと違憲と思われる発言まで飛び出す始末。
政権寄りに偏った放送をしている日テレやフジの局長を呼びつけて放送が偏っていると指導することはもちろんない。
そして安倍氏は自分の言いたいことだけ言って終わる番組にしか出演しない。
なぜこんなことがまかり通るのか。
この先、日本における表現の自由はどうなってしまうのだろうか。
日本のメディアは、ちょっと脅せば、しゅんとなってシッポを振ってくると完全に安倍政権になめられている。
日本にジャーナリストが育たないから、こうして政権になめられてしまうのだろうか。
日本にジャーナリストが育たないのはなぜなんだろうか。。。
 
~ もくじ ~

はじめに 安倍政権にとってのテレビとは?
第一章 自民党とテレビ
第二章 安倍晋三氏とテレビ
第三章 NHKと民放
第四章 第二次安倍政権によるメディア介入
第五章 「表現の自由」は誰のために
おわりに

~ なるほどな一文 ~ (リンクはinbookの該当セリフのページ)

「表現の自由」は、メディアに関する事項でよく使われる言葉であるため、一見すると「表現の自由はメディアのためのもの」ととられがちだ。しかし、世界人権宣言にあるように、「表現の自由」はすべての人が持つものである。メディアが正確な情報を提供し、国民一人一人が判断できることによって「表現の自由」は具体化される。(P24)

~ もう一つなるほどな一文 ~ (リンクはinbookの該当セリフのページ)

メディアが頑張らねば、国民の持つ表現の自由は行使されなくなる。まずメディアを抑え、続いて個人を抑えることで表現行為を規制していく独裁者の手法は歴史が教えるところだ。(P205)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(3225日)、、、
読んだ本   714冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 170272ページ(1日平均52ページ)

book20160513
atasintiさんの読書メーター
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。