筋金入りのヘタレになれ

筋金入りのヘタレになれ (ベスト新書)
島田 雅彦
ベストセラーズ
売り上げランキング: 680

白崎博史さんとの対談の形で話が進む、島田雅彦さんのエッセイみたいなもの。
ヘタレなおとうさんとしては期待して読んだけど、ヘタレがどうのこうのは最後にちょっとでてくるだけでなんだか残念?
いやいや、これ全編ヘタレの話だろ?
 
~ もくじ ~

まえがき
第1章 死なないように地雷を踏む方法
第2章 活字の「女」でぬけるか?
第3章 世論はなぜこうも不寛容なのか?
第4章 変態も極めれば、詩人になる
第5章 旅と酒がヘタレ心を癒す
第6章 AIに奪われないように仕事をしろ
第7章 犬も食わない男のメンツ
本書のまとめ

~ なるほどな一文 ~ (リンクはinbookの該当セリフのページ)

「ジャーナリズムとは、報じられたくない事を報じることだ。それ以外は広報にすぎない」というジョージ・オーウェルの言葉を思い出す。(P63)

~ もう一つなるほどな一文 ~ (リンクはinbookの該当セリフのページ)

ユーモアは基本、抑圧されたり、虐げられている人たちの発明でしょう。現実は非常にカ国であり、不愉快である。その状況から逃れたいがどうにもならない。せめて、この苦境を一瞬でも忘れたい。そんな悲願から生まれた笑いです。(P241)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(3264日)、、、
読んだ本   724冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 172714ページ(1日平均52ページ)

book20160617
atasintiさんの読書メーター
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。