真田丸「犬伏」

sanadamaru20160904

とうふです。
今週のNHK大河ドラマ「真田丸『犬伏』」、面白かったです。
早過ぎた三成の挙兵に苦悩する真田親子の苦渋の決断。
今回のお兄さんはカッコよすぎる!!!
でもこの3人がこうして話をするのはこれが最後なんだよなぁ・・・

そして今回も春ちゃんはとーーってもかわいかったのだ!

さて、次回は稲さんに沼田城に入れてもらえない昌幸と信繁の話かな。
やり(なぎなた?)を手にした勇ましい稲さんがまた登場するのですね。
楽しみ~。
 
 
ところで来年(2017年)の大河ドラマの主人公は井伊直虎という戦国時代の女性領主。
ここのところ、幕末と戦国時代が交互だったけれど、戦国時代が2年続くことになります。
そこは崩しても、男が主人公・女が主人公の交互の方は崩さないんですね。
でも、「江」「八重の桜」「花燃ゆ」と女性を無理無理主人公に仕立て上げたものは、ろくなものになっていなかった気がするので、今度の直虎はどうなんだろう・・・
もっとも、ほとんど知られていない人であり、また史実に記録もあまり残っていない人なので、これは史実と違うなんてことを言われることも少なくて、自由な作品が作れるのかもしれませんが、はたしてどんなドラマになるのでしょうか。
私はまったく知らないので、始まる前に本でも読んで予習しておかなくては(^^;

そして再来年(2018年)の大河ドラマの主人公は西郷隆盛。
こちらは誰でも知っている人物ですが、今までとは異なる新しい西郷ドン像を見せてくれるのか、楽しみに待ってます。
 
 
Facebookページのアルバム「『真田丸』落書きノート」にも絵を追加しました。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です