休日昼間に酒飲む人は外国人から見ると摩訶不思議?

休日昼間に酒飲む人を、人はどんな顔で見るのか – Excite Bit コネタ at 2017.05.10 ( 魚拓 (1/2), 魚拓 (2/2) )

そんな中、いちばん驚いたのは、酒飲み客を撮影していく人たち。その数、1時間に5人。
スマホで遠くからこっそり撮る人もいたが、至近距離から高そうなカメラで、声もかけずに遠慮なく撮影してくる人もいた。いずれも外国人だった。
海外から日本を訪れた人は「なぜこんなにお酒を飲む店がたくさんあるのか」と驚くと聞く。
居酒屋は日本独自の文化というが、実際、外国人にとっては、真昼間に居酒屋で酒を飲む人たちの姿は摩訶不思議なものに見えているようだ。
これって、私たちが海外旅行したときに、妙な看板を撮影したり、街角を撮影したりするのと、同じ感覚なのだろう。

それにしても、このように居酒屋で飲む姿が、もしかしたら見ず知らずの外国人のブログなどに勝手に登場させられる可能性があると思うと、妙な気分になる。そして、今後、2020年の東京五輪に向けて、そうした機会はますます増えるのかもしれない。

 
毎週のように休日に昼間っからお酒飲んでるおとうさんは、もしかしたら、外国の方に密かに写真を撮られていて、「こいつ今日も昼間っから飲んでるよ」と有名人になってるかも?
いやいや、昼間っからお酒を飲むのは日本人に限ったことじゃないと思うんだけどなぁ・・・
しーゆー。
 

カテゴリー: News

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。