おんな城主直虎「潰されざる者」

とうふです。
今週のNHK大河ドラマ「おんな城主直虎『潰されざる者』」、面白かったです。
今川氏真は井伊を今川家直轄領とするため、方久を取り込み、井伊領で徳政令を出すことで結果的に井伊家を取りつぶすことにする。
方久は氏真怖さにあっさり裏切ってしまう。
あぁ、この裏切りがのちの徳川家康による気賀の城、堀川城への猛攻撃と農民ら約1000人が討死する悲劇へと繋がってしまうのでしょうか。

直虎は、今川は長くはもたないと考え、一度今川に取りつぶされた後、今川がつぶれたら取り戻すことを考える。
ということは、そこでおんな城主でなくなってしまうけれど、この先まだ5カ月もあるけど、どんな展開になるのでしょうか。

最後に直虎に刀を向けながらも、こっそり「俺を信じろ、おとわ」と言った政次が、次回はうまく立ち回るのかな。
ちょっとだけ楽しみ。
 
 
Facebookページのアルバム「『おんな城主直虎』落書きノート」にも絵を追加しました。
しーゆー。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。