「グジェール」で照り焼きポーク

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ83軒目は、天王町の「グジェール」へ。

 
ここはランチは日替わりで毎日1種類だけで、しかもランチ営業は平日のみで、その上1日30食限定。
今日は休暇をとっていたので行ってみました。
今日のランチ。

 
店内はカウンターとテーブル席。
こじんまりとした店で、私は開店とともに1番乗りで入りましたが、あっという間に席がうまりました。

 
お茶は暖かないい香りのハーブティ。
帰りにお店のおかみさんに聞いたら3種類のハーブをブレンドしたものだそうです。

 
スープはコーヒーカップに入ったお味噌汁。

 
料理きました。
照り焼きポークとサラダとライスがでっかなお皿に乗ってきます。

 
サラダはドレッシングがかかっておらず、テーブルの上のドレッシングを自分でかけます。

 
照り焼きポークは見た目は生姜焼きみたいですが、甘辛のテリヤキソースが肉とたまねぎとポテトにからみ、とても美味しかったです。

 
ただ、お箸で食べるのですが、大きなお皿のご飯はお箸じゃちょっと食べにくかったです。
後でわかったのですが、「スプーンお願いします」と言えば、スプーンを出してもらえたそうです。
 
これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2017 No2」(Google Photos)にも追加しました。今回8枚追加。
 
美味しい料理に満腹満足!
しーゆー。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です