おんな城主直虎「この玄関の片隅で」

とうふです。
今週のNHK大河ドラマ「おんな城主直虎『この玄関の片隅で』」、面白かったです。
菅田将暉くんの虎松(現在は万千代)登場以来、俄然面白くなりました。
次は何をしてくれるのか、毎回ワクワクもんです。
しかし、小野万福はいつも冷静でキレ者。
そしてそんな万千代たちの下で草履番をすることになったノブの正体はなんと本田正信。
こんな登場の仕方をするとは・・・
今後の展開が楽しみです。
次回は長篠の戦い。
実際はなかったという鉄砲三段撃ちがどんな描かれ方をするのか、これも楽しみ。

えっ?
万千代はファンタオレンジを手にしていないし、頭に角もはやしていないって?
でも、今回も鬼の形相の連続でしたね。
そして彼が、別の意味で「井伊の赤鬼」と呼ばれるのは、まだまだ先の話ですが。
  
 
Facebookページのアルバム「『おんな城主直虎』落書きノート」にも絵を追加しました。
しーゆー。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です