おんな城主直虎「悪女について」

とうふです。
今週のNHK大河ドラマ「おんな城主直虎『悪女について』」、面白かったです。
「母でも妻でもないお前はその命を何のために使うのだ?」って南渓和尚もきついことを言いますねぇ。
今なら「セクハラだぁ」って訴えられちゃいそうです。
まぁ、おとわのことが一番わかっている南渓和尚だからこその言葉ですが。

瀬名と信康の悲劇を乗り越え、家康は前へ。
次回は瀬名が願っていた駿河取り、これまた万千代の活躍が楽しみ。
 
えっ?
万千代は頭に鬼の角を生やしていないし、手にファンタオレンジも持っていないって?
 
 
Facebookページのアルバム「『おんな城主直虎』落書きノート」にも絵を追加しました。
しーゆー。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です