WordPress4.9.2にアップデート

このブログでも利用しているWordPressがバージョン4.9.2にアップデートされていました。
WordPressはマイナーアップデートは自動で行われます。

今回の変更内容。
Version 4.9.2 – WordPress Codex 日本語版

WordPress 4.9.2 リリース告知によると、WordPress 4.9 およびそれ以前のバージョンは WordPress 4.9 に含まれるライブラリー MediaElement 4.x の Flash 代替ファイルによる XSS の脆弱性にさらされています。

上のセキュリティに関する問題に加えて WordPress 4.9.2 では22件のメンテナンス修正が実施されています。

バンドルされたテーマ

#42820 – Twenty Seventeen 不要なコメントを削除

カスタマイザー

#42492 – メニューの場所を選択すると行の高さが変わる
#42871 – 機能フィルター領域に表示される、チェックボックスに続くテキストには新しい改行が必要

データベース

#42812 – 利用可能であれば、デフォルトで MySQLi を使用

エディター

#42664 – リンクの自動補完支援: 無題の投稿に対して代替のテキストが表示されない
#43012 – エディター、および TinyMCE の JavaScript TypeErrors のため Firefox で投稿を更新できない

外部ライブラリ

#42439 – PHP 7 lint エラーのため、random_compat 外部ライブラリを更新

フォーマット

#42578 –

タグ内の PHP 関数は新しい

タグを作成し、親のタグを2つに分割する

メディア

#42225 – Whitelist に Flac ファイルを追加
#42447 – exif_read_data を使用できない場合、test_remove_orientation_data_on_rotate はスキップとしてマーク
#42480 – getimagesize() エラーの一貫性のある抑止
#42720 – 不要な MediaElement.js ファイルの削除

Plugins

#43082 – 「プラグインの追加」の検索結果: プラグインの詳細モーダルダイアログが、thickbox モーダルで開く

REST API

#42828 – REST レスポンス内のハードコードした 403 ステータスは rest_authorization_required_code() を使うべき

タクソノミー

#42771 – WP_Term::get_instance() のリグレッション。’category’ タクソノミーでクエリされた非カテゴリータームに対して
#42605 – Version 4.9 から category_description() が正しく動作しない
#42717 – get_category_link() はオブジェクトは受け付けるが、id はエラー

TinyMCE

#42416 – コードは iframe モードを仮定しているが、inline モードは例外

アップグレード / インストール

#42963 – アップグレード中の $_old_files 消去の改良

ウィジェット

#42603 – テーマを有効化するとウィジェットと管理画面のウィジェットページに警告
#42719 – 常にウィジェットの以前の割り当てを戻そうとする
#42867 – HTML ウィジェット: toggleClass() は第2パラメータとして true/false を渡されるべき

 
 
~ 関連ニュース ~
WordPress4.9.2リリース!Web担当者がまずすべきこと – プライム・ストラテジー株式会社
wordpress4.9.2のアップデートがきた – bloger
「WordPress 4.9.2」XSS脆弱性を修正、Flash関連のプラグインを削除 – INTERNET Watch
 
 
セキュリティ問題の解決とバグ修正とのことなので、自動アップデートの設定をおこなっていない方も早めのアップデートがお勧めです。
しーゆー。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です