J1第5節 (´・ω・`) 川崎負けた

とうふです。
サッカーJ1リーグ第5節、川崎フロンターレはサンフレッチェ広島とホームで対戦、0-1で負けてしもうたとです。
けっして悪くはなかったとです。
しかし後半、CKからのゴール前のごたごたでパトリックに決められてしまった。
最近この手の失点が多い・・・

でもこの直前のプレーで、おいおい今のはオフサイドじゃないのかってプレーが広島にあったけど、ここはノーオフサイドの判定。
オフサイドポジションにいる味方にヘッドでボールを送っても、相手選手にクリアされたらオフサイドじゃない?
いやいや、味方がさわろうが相手がさわろうが、パスした時点でオフサイドじゃないの?
あのヘッドはパスではなく、シュートと判断されたってこと?

そして疑惑のオフサイド判定第2弾。
今度は、相手選手からのボールを蹴り込んだ長谷川のシュートがオフサイトの判定。
おいおい、今のは味方のパスじゃないからオフサイドじゃないだろう・・・

オフサイドがよくわからなくなっちゃったよ。
誰かこの2つの判定についてわかりやすく説明してくれないかなぁ。

しかし、悔しいけど判定は覆らない。

~ ハイライト動画 ~
【公式】ハイライト:川崎フロンターレvsサンフレッチェ広島 明治安田生命J1リーグ 第5節 2018/3/31 – YouTube

 
 
悪い展開ではなかったので切り替えて次に向かおう!
次はACLの上海上港戦、リーグの横浜マリノス戦と連戦だけど、
もっちろんフロンターレが連勝だ!
GO Sensational !
優勝めざしてGo! Go! フロンターレ!

さあゆけ~ フロンターレ~ アレオ~ オオ アレオ~オオ~♪
かわさき~ フロンターレ~ アレオ~ オオ アレオ~♪
 
 
Googleフォトのアルバム「Go! Go! Frontale! 2018」にも絵を追加しました。
しーゆー。
 
~ 追記 ~

試合後のミーティングで審判は誤診を認めたんですね。
もっとも、だからといって結果が覆るわけではありませんが・・・

関連ニュース
川崎F、誤審2度響き連続不敗記録19でストップ – J1 : 日刊スポーツ ( 魚拓 )

Jリーグでは、昨季から試合後に、審判側の代表とクラブの代表が判定などの意見交換を行う場がもうけられており、その場で審判側が判定の誤りを認めたという。もちろん、誤審が認められても結果は覆らない。試合後、鬼木達監督は「向こうのオフサイドは取られずコーナーキックになり、うちの場合はどういう見解でああなったか分からないが、聞いても答えが返ってこなかった。選手は本気で頑張ってるので、僕たちも言わなくては選手がかわいそうだと思う。そこは訴えていきたい」と話した。

 川崎FのMF阿部浩之(28)は「先に点が取れなかったのがすべて。運が悪いと言えば悪いけど、それを上回れなかったのが自分たちの実力」と潔かった。ただ「これでリーグが改善してくれたらいい。動画を見ているのだったら伝える術もある。そういうのを含めて全体が成長してほしい」と一選手としての気持ちを口にした。

 
ビデオもDAZNも見せてもらえずに奮闘する審判団のため、誤審を生む真の原因は「選手」であると改めて確認するの巻。 : スポーツ見るもの語る者~フモフモコラム
 
 
阿部ちゃんの言うとおり!
1個や2個の誤審なんて関係ないくらい点をとって勝ち、
この試合の負けなんて関係ないくらい、今後勝って勝って勝って優勝するぞ~!
GO Sensational !
優勝めざしてGo! Go! フロンターレ!
しーゆー。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です