西郷どん「殿の死」

とうふです。
今週のNHK大河ドラマ「西郷どん『殿の死』」、面白かったです。
井伊直弼の企てで、次の将軍は一橋の慶喜ではなく、紀伊の慶福に決まってしまい、万策尽きたとうなだれる斉彬と吉之助。
しかし大久保正助の激励を受け、吉之助は京に兵を進め朝廷を動かすことを提言。
斉彬は準備を進めるが、急に倒れて亡くなってしまう。
さぁ、井伊直弼の恐怖政治が始まるぞ~!
そして月照さんとの逃避行の末の心中・・・
今後の展開が楽しみ。
 
えっ、幾島さんはヨーヨーを持ってはいなかったって?
 
 
Googleフォトのアルバム「『西郷どん』落書きノート」にも絵を追加しました。
しーゆー。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です