壬申の乱と関ヶ原の戦い

 
壬申の乱、青野ヶ原の戦い、そして関ヶ原の合戦は同じ場所で戦われた。
なぜ、この場所が戦場になったのか、地理的な特性よりその理由を探ります。
中々面白い。

~ もくじ ~

はじめに
序 章 なぜ関ヶ原(不破)だったのか
第一章 壬申の乱
第二章 青野ヶ原の戦い
第三章 関ヶ原の戦い (1)その構造
第四章 関ヶ原の戦い (2)歴史的意義
終 章 歴史が転換する時

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(3938日)、、、
読んだ本   888冊 (1日平均0.23冊)
読んだページ 213695ページ(1日平均54ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
これも一説にすぎないわけですが、歴史と言うのは視点を変えることで、いろいろな説が出てくるところが面白いのかも。
まぁ、今の世を見ても、書かれたたものがいかに真実とかけ離れているのかってものが多かったりしますからね。
真実は一つ、でも今となってはだれにも真実はわからない!
しーゆー。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です