西郷どん「正助の黒い石」

とうふです。
今週のNHK大河ドラマ「西郷どん『正助の黒い石』」、面白かったです。
今回は薩摩の大久保正助のお話。
島津斉興が亡くなり、久光が国父として藩の権力を握る。
薩摩が変わりつつある中、江戸では桜田門外の変が勃発して大老井伊直弼が切られる。
吉之助も愛加那ちゃんといつまでも島でのんびり暮らしているわけにはいかなくなってしまうのです。
次回も楽しみ。
 
 
Googleフォトのアルバム「『西郷どん』落書きノート」にも絵を追加しました。
 
今週は日曜日に出かけていたので、録画を見て、今頃の投稿となっています。
しーゆー。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です