炎の牛肉教室!

炎の牛肉教室! (講談社現代新書)
山本 謙治
講談社
売り上げランキング: 17,642

牛肉のことがとーーってもよくわかる本です。
テレビや雑誌などで、最高級A5の牛肉などと紹介されている肉が必ずしも美味しい肉とは限らない。
高い肉が美味しい肉ではない。
牛肉関係者の間では、黒毛和牛の場合はA3くらいが一番美味しいと言われているらしい。
それは日本の牛肉の格付けが、美味しさを示したものではないから。
格付け方法を見直してほしいものですが、既得権益を得ている人たちがそれを許さないんでしょうね。。。

~ もくじ ~

はじめに
第1章 牛肉の真実
第2章 美味しい牛肉の方程式
第3章 牛肉のおねだん――体験ルポ・僕は牛を飼ってみた
第4章 美味しい牛肉をめぐって~日本の「あかうし」篇
第5章 美味しい牛肉をめぐって~アネリカ・オーストラリア・フランス篇
第6章 ほんとうに美味しい牛肉を食べるために
巻末付録 美味しい牛肉を食べられる販売店・飲食店リスト
おわりに

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(4001日)、、、
読んだ本   899冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 2166775ページ(1日平均54ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
個人的には霜降り肉より赤身の肉が好きなおとうさんです。
あぁ、美味しい赤身の牛肉をたらふく食べに行きたーい!
しーゆー。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です