西郷どん「禁門の変」


とうふです。
今週のNHK大河ドラマ「西郷どん『禁門の変』」、面白かったです。
できるだけお互いの被害を最小限にすべく考えた西郷と薩摩軍であったが、一橋慶喜の長州軍を壊滅せよという指示に従う会津軍と長州軍の戦いにより、京の町は火に包まれることに。
そして脚を負傷してしまった西郷。
一橋慶喜がどんどん悪玉と化していく。。。

中村半次郎がとってもカッコよかったとです。

Googleフォトのアルバム「『西郷どん』落書きノート」にも絵を追加しました。
しーゆー。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です