西郷どん「勝と龍馬」


 
とうふです。
今週のNHK大河ドラマ「西郷どん『勝と龍馬』」、面白かったです。
勝海舟、坂本龍馬との出会い。
坂本龍馬がただカッコいいだけの小者に見えます。
まぁ、実際、あの時代の中にあっては小者だったんでしょうけれど。
そして徳川慶喜との決別、すっかり悪ものになってしまった慶喜です。
ここまで、とにかく無駄な戦さを避けよう避けようとしてきた西郷ですが、戊辰戦争では、恭順の意を示していた会津藩をなぜ執拗に攻めたのか、今後、そこらあたりがどのように描かれるのかが、ちょっと楽しみです。
 
 
Googleフォトのアルバム「『西郷どん』落書きノート」にも絵を追加しました。
しーゆー。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です