東京五輪の酷暑対策でサマータイム導入?

2020年の東京オリンピック時の酷暑対策の一つとして、五輪組織委員会が政府にサマータイムの導入を要請?
 
~ 関連ニュース ~
【東京五輪】酷暑対策でサマータイム導入へ 秋の臨時国会で議員立法 31、32年限定 – 産経ニュース ( 魚拓 (1/2), 魚拓 (2/2) )
サマータイム導入は2年間限定?国内すべてで大規模な改修が必須 – ライブドアニュース ( 魚拓 )
 
馬鹿なの?
 
マラソンやそのほかの競技の開始時間を2時間早めたいなら、7時開始を5時開始にすればいいだけなのに、なぜ、膨大なシステムの変更を伴うサマータイムを導入して時計を2時間ずらす必要があるのか、理解に苦しみます。
 
もしかしたら、開始時間を変更するとそれに伴う各種変更(イベント表の変更やパンフレットの変更などなど)に必要なコストはすべてオリンピック予算で持つことになってしまうけれど、サマータイム導入に伴うシステム変更などなどのコストは、それぞれのシステムを利用している民間企業や市町村がそれぞれの予算で持つことになるから、オリンピック予算をこれ以上膨らませないで済むから?
 
オリンピックのためにサマータイム導入などという馬鹿げたことをやることがないことを祈っています。
 
~ 関連ニュース ~
「サマータイム導入検討」IT関係者は反発 菅官房長官「決定した事実はない」 – ITmedia NEWS
 
 
いやいや、官房長官も上のように言ってるし、、、
いくら安倍政権でも、そこまで馬鹿じゃないよねぇ・・・
しーゆー。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です