西郷どん「怪人 岩倉具視」


 
とうふです。
今週のNHK大河ドラマ「西郷どん『怪人 岩倉具視』」、面白かったです。
岩倉具視が開いていた賭場に出入りしていた桂小五郎と再開した西郷吉之助は、長州と手を組んで幕府を倒さねばならないという自分の考えを告げるが、桂は薩摩は信じられんと一蹴する。
岩倉具視、ホントはもっと恐ろしい人だったんだろうけれど、なぜかコミカルになってしまうのは鶴瓶さんだから仕方ないのかなぁ。。。
それが狙いの配役なんだろうけれど、なんとなくしっくりこない・・・
次回はゴロツキ龍馬の出番なのね。
 
 
Googleフォトのアルバム「『西郷どん』落書きノート」にも絵を追加しました。
しーゆー。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です