西郷どん「慶喜の首」


 
とうふです。
今週のNHK大河ドラマ「西郷どん『慶喜の首』」、面白かったです。
鳥羽伏見の戦い、数で勝る旧幕府軍が最初優勢でしたが、錦の御旗の威力は、どんな鉄砲や大砲よりも絶大だったのです。
そんな中で吉之助の弟の信吾が銃弾を受けて瀕死の状態。
しかし吉之助は心を鬼にして戦場に踏みとどまるのです。
そして舞台は江戸へ。
ひさーーーしぶりの幾島さん、そして篤姫さん(今は天璋院さん)。
次回も楽しみ。
 
えっ?
幾島さんはヨーヨーをまわしたりはしていないって?
 
Googleフォトのアルバム「『西郷どん』落書きノート」にも絵を追加しました。
しーゆー。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です