iPod nano (1st generation) 交換プログラム

iPod nano (1st generation) については、バッテリーが過熱して安全上の問題を引き起こす可能性があるということで、Appleにて交換プログラムが始まりました。

iPod nano (1st generation) 交換プログラム

Apple では、ごく稀に iPod nano (1st generation) のバッテリーが過熱して安全上の問題を引き起こす可能性があることを確認しております。対象となる iPod nano は 2005 年 9 月から 2006 年 12 月の間に販売されたものです。

この問題は、製造上の欠陥があるバッテリーを生産した特定のバッテリーメーカーに原因があることがわかっています。実際に過熱事故が発生する可能性はきわめて低いとはいえ、バッテリーの経年に伴ってその可能性は高くなります。

iPod nano (1st generation) をお持ちのお客様は使用を中止し、下記の要領で交換手続きをされることをおすすめいたします。

注意:これは iPod nano (1st generation) に限られた問題であり、他の iPod には影響がありません。

息子は使っているiPodがまさにこのiPod nano (1st generation)ですが、2008年にバッテリーがヘタってしまったので一度交換してもらっています。したがって、この交換プログラムの対象ではないだろうな、と思いいつつも一応、交換手続きのサイトでシリアル番号を入力して見たら「次へ」と進んだので、やっぱり対象なのかな。
下記の過去のエントリーを見たら、iPod nanoが燃える事件が起きた頃に交換していたのですが、やっぱり交換プログラムの対象なのかなぁ。。。

iPod nanoを入れて送付する箱が送られてきて、それに入れてAppleに送付すると6週間ほどで交換品が戻ってくるということですが、6週間も使えないのは、息子には問題そうだなぁ。。。

ちなみに、おとうさんのiPod miniは健在です。

My関連エントリー
iPodがまた燃えた?
by あたしンちのおとうさんの独り言~2010.12.23 at 2010.08.13
iPod nanoが燃える?
by あたしンちのおとうさんの独り言~2010.12.23 at 2008.08.20
iPodのバッテリー交換とは?
by あたしンちのおとうさんの独り言~2010.12.23 at 2008.05.11

iPod nano (1st generation) 交換プログラム” への2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です