Google+を振り返る

TechCrunchの「Google+を振り返る」を読むと、これまでのGoogle+の流れがよーくわかります。
個人的には、使いやすかったりこれ便利だなって思っていた機能が、変更のたびに次々と消えてしまい、そのたびにユーザが減っていったようなそんな気がします。
1列表示が複数列表示になったのも、Google+フォトがなくなって別サービスのGoogleフォトになったのも、そしてあの投稿の間引きも、他にも数え切れないほどの改悪の歴史・・・
最初の頃にあった「サークルの共有」のおかげで多くの人と出会えたのは今は昔の話。

そんなGoogle+をなぜ私は使い続けたのかと言うと、そこにいる方々とのつながりがとても楽しく、そして私にとって大切だったから。

Googleは、自分たちが考えていることをユーザに押しつける会社であって、ユーザが何を望んでいるかなど考えるつもりはない会社だと言えそうです。
そして、Google+の失敗は、Googleが考えていたことが間違っていたことを証明したってことでしょう。
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です