漂流女子

漂流女子 ――にんしんSOS東京の相談現場からー― (朝日新書)
中島かおり
朝日新聞出版 (2017-10-13)
売り上げランキング: 101,923

 
ここでは、思いがけず妊娠し、相談先を探しながら孤立している女子のことを「漂流女子」と呼んでいます。
にんしんSOS東京に寄せられた相談のいくつかの例が紹介されています。
 
~ もくじ ~

はじめに
第1章 居場所を探し続けて――10代で2回妊娠した少女
第2章 相手は「SNSで出会った大人」
第3章 性風俗業の女性たちの決断――父親が誰でも「私の子」
第4章 「誰にも言わず、1人で赤ちゃんを産みました」
第5章 既婚者との子を産むということ
第6章 結婚したい女性、したくない男性――「産まない選択」にある背景
第7章 中絶、心はどうなるか?
第8章 産んでも育てられない社会
第9章 浮かび上がる日本の課題
謝辞

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(4144日)、、、
読んだ本   936冊 (1日平均0.23冊)
読んだページ 225417ページ(1日平均54ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
この本に出てきた方々はみんな悲惨な状況ではありますが、一方でにんしんSOSに相談しようと思うパワーがまだ残っていただけ、まだましな方なのかもしれません。見えないところでもっともっと苦しんでいる女性がいるということを忘れてはいけない・・・
 
それにしても女性は強い。
それに比べて、この本に出てくる男ときたら、どいつもこいつも無責任で自分勝手で・・・
しーゆー。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です