清水vs神戸 なぜ後半アディショナルタイムは18分を超えたのか?

先日のサッカーJ1リーグ第33節の清水vs神戸では、後半のアディショナルタイムが18分超えという前代未聞の試合だったわけですが、その試合に関する解説動画です。
 
清水vs神戸 なぜ後半アディショナルタイムは18分を超えたのか?原博実&上川徹がJリーグの気になるジャッジを徹底解説!【Jリーグジャッジ「リプレイ」#10】 – YouTube

 
とーーってもわかりやすい解説、ありがとうございます。
審判の誤った判断が生んだ悲劇だったんですね・・・
しかしその代償は両軍ともに大きすぎます。
 
第5節の川崎vs広島のときの誤審のように今回も審判団から間違ってましたと言う話はあるのでしょうか。
Jリーグの審判の質の向上を願います。
しーゆー。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です