西郷どん「西郷立つ」


 
とうふです。
今週のNHK大河ドラマ「西郷どん『西郷立つ』」、面白かったです。
シサツを刺殺と読み、大久保の作る国に我ら士族の居場所はない、西郷の作る新しい国のために立ちあがろうとする若者たちのため、悲しい気持ちで立つことを決意した西郷隆盛。
次回は西南戦争。
終わりは近い。
そして最後は、西郷隆盛の銅像の前で、糸さんの「こんなのうちの主人じゃない」で終わる?
 
 
Googleフォトのアルバム「『西郷どん』落書きノート」にも絵を追加しました。
しーゆー。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です