ミッションスクールになぜ美人が多いのか

ミッションスクールになぜ美人が多いのか 日本女子とキリスト教 (朝日新書)
井上章一 郭 南燕 川村信三
朝日新聞出版 (2018-11-13)
売り上げランキング: 68,812


ファッション系雑誌の読者モデルをしている大学生にはキリスト系の大学の生徒が多い、テレビ局の女子アナにはキリスト系の大学出身者が多い、それはなぜかを探っていたはずが、いつのまにか、日本におけるキリスト教文化浸透がどうのこうのという話に・・・

~ もくじ ~

まえがき
第一章 プロテスタント校はあなどれない 井上章一
       -読者モデルを量産するわけ
第二章 ミッション系大学の成功物語 郭 南燕
       -なぜ女子アナの多数を占めるのか
第三章 変遷するキリスト教イメージ 川村信三
       -悲劇のカトリック受容史を見直す
第四章 「お嬢様学校」を生み出したカトリック 川村信三
       -女子教育で人気の秘密
あとがき
主要参考文献



これで、、、2007年07月13日以降(4174日)、、、
読んだ本   942冊 (1日平均0.23冊)
読んだページ 226873ページ(1日平均54ページ)

atasinti – 読書メーター


キリスト教の研究をされている方々なので、どうしてもキリスト教の話にしたいというのはわかりますが、多少強引な部分もあるように思えました。クリスマスや教会式の結婚式の普及は、キリスト教文化の普及というよりは、単に「西欧的なものへの憧れ」からきているものと思われます。
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です