2018年12月の読書のまとめ

あれっ、、、どうしてこんなに少なかったんだろ???

12月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:1052
ナイス数:0

コミュニティー・キャピタル論 近江商人、温州企業、トヨタ 、長期繁栄の秘密 (光文社新書)コミュニティー・キャピタル論 近江商人、温州企業、トヨタ 、長期繁栄の秘密 (光文社新書)
読了日:12月26日 著者:西口敏宏,辻田素子
ミッションスクールになぜ美人が多いのか 日本女子とキリスト教 (朝日新書)ミッションスクールになぜ美人が多いのか 日本女子とキリスト教 (朝日新書)
読了日:12月15日 著者:井上章一,郭 南燕,川村信三
こんなに違うJALとANA: 歴史、社風、サービス…比べてなるほど! (124) (交通新聞社新書)こんなに違うJALとANA: 歴史、社風、サービス…比べてなるほど! (124) (交通新聞社新書)
読了日:12月10日 著者:杉浦 一機
いい加減くらいが丁度いい (角川新書)いい加減くらいが丁度いい (角川新書)
読了日:12月05日 著者:池田 清彦

読書メーター

~ ここ2年間の読書量の推移 ~

12月なので年間読書ページ数の推移も。

7年ぶりに20,000ページを割ってしまった。
でも、どれだけ読んだかよりも何を読んだのかが大事!
でもでも、そう言って威張れるような本は読んでいないことは重々承知・・・
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です