眠れないほど面白い 空海の生涯


後世に弘法大師という諡号を与えられ、数々の伝説が語られる空海ですが、そんな伝説部分を除き、できる限り歴史的事実をもとに語る空海の生涯。
しかし一方で、官吏として出世街道を歩くはずだった空海が仏教の道へと進んだのは、一沙門(ある僧)との出会いが発端だったそうですが、空海は生涯その一沙門の名を明かさなかったということで、この本ではその一沙門を19歳の空海を虜にした5歳年上の女性の尼僧と仮定し、生涯愛しあったとして物語を進めており、空海が密教にのめり込んだのも、それが性欲を否定していなかったからだという話は、ただでさえ面白い人生を歩んだ空海の一生をさらにとても面白いものにしています。

~ もくじ ~

はじめに
第一部 一沙門との不思議な巡り合わせ
第二部 古代社会と仏教勢力
第三部 大学を飛び出し仏教修行者に転身
第四部 「出家宣言」後の日々
第五部 九死に一生をえるも不運続きの遣唐使一行
第六部 世界最大の文化都市・長安
第七部 帰国後の最澄と空海と天皇家
第八部 入京とその後の日々
第九部 最澄との決別
第十部 高野山(金剛峯寺)の開創と終焉




これで、、、2007年07月13日以降(4333日)、、、
読んだ本   964冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 233291ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター


遣唐使船で唐に渡った最澄は天台宗を、空海は真言宗を日本戻ってはじめた、そんなことしか書いていない教科書ではわからない。
もっとそれぞれの人となりに突っ込んだ話が出てくれば、もう少し歴史が好きになる人も増えるんじゃなかろうか。
空海を主人公にした大河ドラマも面白そうだ。
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です