なぜ女はメルカリに、男はヤフオクに惹かれるのか?


メルカリ、ヤフオク、LINE、スタディアプリ、オイシックス、エアークローゼット、プチッと鍋、アマゾン、これらのヒットサービス・ヒット商品をもとにマーケティングの楽しさを知ろうという本。
マーケティングなんてもう古いと言われていますが、ここでのマーケティングはもう少し広い意味で使われているようです。
それぞれ牛窪恵さんのリサーチ編と田中道昭さんのマーケティング分析編から構成されています。

~ もくじ ~

はじめに
第1章 なぜ女はメルカリに、男はヤフオクに惹かれるのか?
第2章 なぜLINEは日本人の心をつかんだのか?
第3章 なぜスタディサプリは月980円という破格なのか?
第4章 なぜオイシックスはママたちに支持されるのか?
第5章 なぜエアークローゼットには返却期限がないのか?
第6章 なぜエバラの「プチッと鍋」はヒットしたのか?
最終章 なぜアマゾンはすべてを破壊しようとするのか?
おわりに




これで、、、2007年07月13日以降(4448日)、、、
読んだ本   988冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 239393ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター


牛窪恵さんのリサーチ編は面白くそしてわかりやすかったです。そこには生の声があります。
田中道昭さんのマーケティング分析編は、牛窪恵さんのリサーチ結果をマーケティングの理論を使ってこねくり回すんですが、なんとなく結論ありきでつまらない内容でした。田中道昭さんは結局、最後の「アマゼンってすごい」ということを言いたかっただけなのかも・・・
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です