バカボンのパパと読む「老子」

バカボンのパパと読む「老子」  角川SSC新書 (角川SSC新書)
ドリアン助川
角川マガジンズ(角川グループパブリッシング) (2011-11-10)
売り上げランキング: 6965

「老子」の教えをバカボンのパパ語で意訳。
とってもわかりやすいのだ。
「老子」には「これでいいのだ。」がよく合うということがよくわかるのだ。
でも、老子の極端な愚民思想にはちょっと閉口するのだ。
こういう本でもないとおとうさんは「老子」なんて読まなかったのだ。
これでいいのだ。

~ もくじ ~ 

はじめに―「老子をバカボンのパパと読む理由」
上巻
途中で―「老子の中で、レレレと驚く部分」
下巻
おわりに―「無為自然なのだ」

~ なるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

国があやしくなってくると、立派な家族を求め始めるのだ。立派な家族なんてオナラもできないから逆にうさん臭いのだ(P52)

~ もう一つなるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

そしてその光を明としてわしらの心に向けて当てるならば、運命のバナナの皮を踏んで転ぶこともないのだ。(P133)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(1615日)、、、
読んだ本   304冊 (1日平均0.19冊)
読んだページ 69120ページ (1日平均42ページ)

読書メーター – atasinti

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。