路地裏で考える

路地裏で考える (ちくま新書)
平川 克美
筑摩書房
売り上げランキング: 197,932


平川克美さんの、ご本人が言うには「路地裏目線」のエッセイ。

~ もくじ ~

まえがき 路地裏の散歩者
第1章 路地裏の思想
第2章 映画の中の路地裏
第3章 旅の途中で
あとがきにかえて 負け犬の遠吠えが響く町を歩くということ
初出一覧


~ なるほどな一文 ~

わたしたちは、ポスト・トゥルースの時代(真実が力を持たなくなった時代)に生きている。その意味は、真実が語られなくなったのではなく、真実を見ようとする意志が、嘘を嘘と知りつつ騙されることの快楽にとって代わられた世界だということである。(P78)



これで、、、2007年07月13日以降(4475日)、、、
読んだ本   993冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 240771ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター


そうそうホントそれっという話もあれば、ちょっとこのおじさんなに言ってるのって話もあるけれど、それはそれで面白いところかもしれない。
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です