テンプル騎士団


テンプル騎士団 (集英社新書)- 佐藤 賢一 (著)


テンプル騎士団のはじまりから終わりまで。

~ もくじ ~

はじめに
第一部 テンプル騎士団事件―前編
第二部 テンプル騎士団とは何か
 第一章 テンプル騎士団は始まる
 第二章 テンプル騎士団は戦う
 第三章 テンプル騎士団は持つ
 第四章 テンプル騎士団は貸す
 第五章 テンプル騎士団は嫌われる
第三部 テンプル騎士団事件―後編
おわりに
参考文献




これで、、、2007年07月13日以降(4556日)、、、
読んだ本   1007冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 244267ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター


いつのまにやら各国に支部を持ち、国や諸侯のお金を取り扱う金融機関の役割までを持つようになったテンプル騎士団。
しかし組織というものは大きくなり過ぎると疎んじられるもので、その最後はあまりに悲惨・・・
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です