ウイルスをまき散らす老害者たち

うちから徒歩圏内にある商業施設「トレッサ横浜」内のスポーツジムを利用せていた70代の男が新型コロナウィルスCOVID-19に感染していたとのこと。
発熱していたにも関わらず、2/25,26,27,29,3/1と5回もジムに行ったという困った爺さん。

~ 関連ニュース ~
横浜で感染確認の70代男性、発熱後にスナックやジム利用 | 社会 | カナロコ by 神奈川新聞

新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、横浜市は6日、市内に住む70代の無職男性の感染が新たに確認された、と発表した。発熱後、同市港北区のスポーツジムを利用したという。

 市によると、男性は妻と2人暮らし。親族と2月16日から23日までエジプトへ旅行し、帰国2日後の25日に発熱した。だが26日に市内のスナックへ出掛け、24~27、29日と3月1日に同市港北区の商業施設「トレッサ横浜」内のスポーツジム「セントラルウェルネスクラブトレッサ(大倉山)」を利用。倦怠感などがあったため、3月3日に市内の医療機関を受診。4日に肺炎で入院し、PCR検査の結果、5日に陽性と判明した。

 男性が利用したジムは1日最大500~600人が利用しているという。

 ジムは3日から休業し、男性と同じ時間帯の利用客を調べている。また港北区福祉保健センターとの連名で、濃厚接触者に対して手紙を発送する予定。


濃厚接触は1406人 発症後ジム利用、横浜の70代男性 | 社会 | カナロコ by 神奈川新聞

横浜市は7日、新型コロナウイルスへの感染が5日に確認された市内に住む70代の無職男性について、発症後に計5日間通ったスポーツジムを同じ日に利用した人は少なくとも計1406人だったと発表した。男性が利用した時間帯だけでなく、この5日間で利用した全員を濃厚接触者とした。

新型コロナウイルス感染症について 横浜市

トレッサ横浜(港北区)内の『セントラルウェルネスクラブトレッサ(大倉山)』を利用し、37.5℃以上の発熱及び咳などの呼吸器症状がある市民の方は、横浜市帰国者・接触者相談センターに御連絡ください。


発熱したら家でおとなしくしていなさいって言われているのにまったく困った爺さんです。
そういえば、ダイアモンドプリンセスから下船した爺さんが、2週間家で待機という要請に従わず、スポーツジムに通ったりした後で感染が発覚という事例もありましたね。
あの世代といえば、会社の利益のため(というよりは自分の出世のため)には、社会的に倫理的によくないことでも平気でやってきた世代。
そんな爺さんたちに倫理的なことを求めるのは無理なのかなあ。。。

学校を休みにするより、団塊世代を外出禁止にしたほうが、新型コロナウィルスCOVID-19の拡大抑制に効果がありそう。。。
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です