マスク教信者の目が怖い!


マスクは病気の人がするもの。
咳やくしゃみが出る人がマスクをするのはエチケット。
花粉症の人がマスクを手放せないのは仕方ない。
でも、今回のCOVID-19については感染防止のためにマスクをしてもそれは気休めにしかならないといわれています。
マスクが不足している今日この頃、健康な人はマスクを無駄に消費せず、それが本当に必要な、具合が悪い人にまわすべきなのです。
というわけで、普段はマスクをしていないおとうさんですが、、、
巷にはマスク教信者といってもいいような人がたくさんいて、
そういう人たちがマスクをしていない人を見る目が怖いのです。
早く、みんながマスクなしで平和に暮らせる日が来ないかなぁ・・・
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です