米GrouponのCEOが謝罪

グローポンのおせち問題で、米GrouponのCEOが謝罪動画をYouTubeに公開しました。

YouTube – CEOアンドリュー・メイソン:「謹製おせち」お詫びビデオ

謝ったら負けという風土のアメリカですが、こういうところはなんとも潔くて気持ちがいいですね。
でも、ホントに謝らなければならないのはグルーポンジャパンだと思うのだが?
だって、これを見ると、世界中のグルーポンでちゃんとやってることが、グルーポンジャパンではできていませんでしたってことみたいだから。

日垣 隆さんの「秘密とウソと報道 (幻冬舎新書)」という本に以下のような記載がありました。

謝罪には三つの要素が不可欠だ。①謝意を誠実に表明する、②失敗に至る経過を詳しくそのつど説明する、③償いをする。これらのうちどれかがかけてしまっては、謝罪は完全なものとはならない。(P135)

アンドリュー・メイソンさんの謝罪には上記①②③がありました。
日本の場合②がないことがいかに多いことか!

関連ニュース
“おせち問題”でYouTubeに謝罪動画 米GrouponのCEO「クーポン発行数の妥当性、確認する」
by ITmedia at 2011.01.17

My関連エントリー
Googleさんの広告が・・・ at 2011.01.03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。