麒麟がくる「道三、わが父に非(あら)ず」

とうふです。
今週のNHK大河ドラマ「麒麟がくる『道三、わが父に非(あら)ず』」、面白かったです。
尾張でも、美濃でも、それぞれ内紛。
ひそかに織田彦五郎と手を結ぶ斎藤高政であったが、織田信長により斎藤高政は討たれてしまう。
側室の子長男高政による正室の子孫四郎、喜平次殺しに怒る道三。
次回、長良川の戦い。

今週も、帰蝶さん、かわいかった。「“お打ち”にお行きなればよろしいかと。“碁を”」というあの目!
今週も、熙子さん、かわいかった。いつもほんわか。

Googleフォトのアルバム「『麒麟がくる』落書きノート」にも絵を追加しました。
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です