麒麟がくる「信長を暗殺せよ」

とうふです。
今週のNHK大河ドラマ「麒麟がくる『信長を暗殺せよ』」、面白かったです。
斎藤義龍による京へ上洛する信長を暗殺する計画を松永久秀の手を借りて阻止した十兵衛。
それを知っているのか知らないのか、信長はぴょんぴょんと飛び跳ねながら、十兵衛の前から去っていく。
染谷将太さんの織田信長は最初はちょっと迫力不足に感じましたが、いやいや、どうしてどうして、中々のものになってきました。これまでいろいろな人が織田信長を演じてきましたが、若いころの織田信長としては、もしかしたら最もうまく演じられている織田信長なのかもしれないと感じてきました。ただ、今後、染谷将太さんの年齢を超えた織田信長を演じる際に、カリスマ性ある織田信長を演じることができるのかどうかが鍵でしょう。
ところで、、、義龍の死はあのナレーターで終わりなのでしょうか、、、
十兵衛にとって最初のライバルの死、ちゃんと描いて欲しかったなぁ。

今週も帰蝶さんの信長を見る鋭いまなざし、かわいかった。
今週もほんわか熙子さん、かわいかった。


Googleフォトのアルバム「『麒麟がくる』落書きノート」にも絵を追加しました。
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です