master/slaveは使っちゃダメ?

差別用語だということで、master/slaveとか、blacklist/whitelistとかっていう言葉は使用禁止になるとのこと。

~ 関連ニュース ~
IT用語も「奴隷」廃止の動き 「slave」は「フォロワー」や「レプリカ」に – ITmedia NEWS

一向に解消されない人種差別に抗議して、世界中に広がった「Black Lives Matter」(BLM)運動。一時期のように大規模なデモや暴動は収まったものの、あらゆる方面で余波は続く。IT業界では今、「master」「slave」という用語に矛先が向けられている。

masterとslaveは、ハードウェアやソフトウェアの世界で、制御する側とされる側の役割分担を表す。制御する側がmaster、制御される側がslave。マスター、スレーブという片仮名にしてしまうと印象は薄いけれど、英語本来の意味は「主人」と「奴隷」。アメリカの歴史の闇に直結する。

英語圏でずっと昔から使い続けられてきたこの用語について、政治も経済も白人が中心になって動かしていた時代は、誰も疑問を持たなかったらしい。初めて公の問題として取り上げられたのは2003年。カリフォルニア州ロサンゼルス郡が職員からの苦情申し立てを受け、電子機器メーカーに対して「master/slave」を使わないよう要請した。



これも時代の流れなのか。。。

マスタースレーブ型D Flip-Flopを使って回路を組んだりしていた頃がなつかしぃ・・・
いつの時代の話だ(笑
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です